上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

市場には需要と供給のバランスがあります。
需要と供給のバランスが崩れた時に何が起こるか??


需要が多ければ儲かる状態。
供給が多ければ儲からない、損する状態です。


その中間がまぁまあぁ、、という感じです。
何とかやっていける、、


ほとんどのところがそんな状態です。



儲かる状態というのは特別な状態ですよね。
皆が儲かっていないから世間では儲け話に興味しんしんです。


ネットの世界でもあちこち情報が流れます。

程度はいろいろですが、言い換えれば
そこらじゅうに儲け話はありえないかもしれないです。


何言ってますの・・・??
と思われるかもしれませんが、

儲かるときは、

無茶苦茶注文が入るとりあえず1日が24時間
で足りないくらい物が流通する。

やばいのは

ダメなときは在庫が残るは、赤字になるは
手形落ちない。。。


じゃぁ、儲かるときはどんな時でしょう・・・


需要と供給のバランスが崩れて、需要が強烈に増えた場合です。


「欲しい人」が「提供する人」をはるかに上回るから
「提供する人」はめちゃくちゃ儲かるわけです。


一般の商売もアフェリエイトも情報販売もそうですが
特別な金持ちが出るというのは提供する人がものすごく
少ないから起こるんですね。


近くでは携帯電話の一次、二次代理店等が有名です。
ほとんどの場合、個人が特別なノウハウを駆使したわけではないんですね。


需要と供給のバランスが崩れているマーケットを
しっかり捕らえられたからなんです。


常に目を凝らしてアンテナを張っていないとダメなんですね。
何らかの基準を持って観察することが必要になります。

第三者的にしっかり見極めることですね。


「ビジネスはあなたが参入するマーケットが成長曲線の
どこにあるかによって取り組むべき戦略が変わる」

と、ビジネス書には書いています。


マーケットの成長曲線は

導入期─成長期/成熟期─衰退期\

に分けられるという、話です。

一番おいしいのは導入期と成長期の間です。
どんな商売でもいえる秘訣です。


導入期は開拓者的な動きが必要になります。
要するに投資の額が大きくなります。


成熟期はかなり取り組む人のスキルが必要です。
衰退期にやるのは・・・自殺行為です。


要するに供給側が思いっきり少ない市場を狙えということです。
でもなかなか見つからない!!

そこが問題です。


情報というのは流れる段階でかなり格差が出ます。
いわゆる情報格差といわれるものです。


導入期のビジネスの情報が来るか
衰退期の情報が来るか・・・


それは、あなたが目にするもの全てをしっかり100%
捕らえているかというのもポイントとなります。


要するに結局自分の捕らえ方の問題です。

そんないい話ないわ・・と思っていいる人には
何も映らないということです。


人と違うことに目を向けないといけないですね。

常識が、とか、胡散臭いとか言っている人には
決してチャンスはやってこないでしょう。






************************************************
複数の収入源 無料資料配布
資料請求はこちらから
************************************************


スポンサーサイト
2007.11.18 Sun l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。