上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今は国民全中流意識の時代は終わり、貧乏層と裕福層に分かれています。
今後、アメリカのように副業する人と、しない人の収入格差は極端に分かれます。



アメリカでは医者、弁護士などの知識人階級の人たちは
必ずといっていいほど複数の収入源を持っています。

自分のことは自分で守るという思想が定着しているからですね。
日本では、近く副業禁止規定は原則、無効にする法律が決まっています。



つまり会社勤めでも副業のリスクはなくなります。


と言うことは一般の会社も、給料が副業前提になるので、
これもアメリカのように契約社員のような給料体系になりつつあります。

年度契約制は普通になるかもしれません。


もちろんいきなり解雇は日常茶飯事となります。
昔のような終身雇用なんて言葉は辞書からなくなります。



会社員の場合は、現在の状況に関係なく、将来的な複数の収入源の確保が必要となります。
収入が何かの理由で、減ってしまえば、生活は維持できますか?

地震が起こってもその地域の経済は確実にストップしますから、
もちろん収入もストップします。

あなたは対処の手段はもっていますか??


私は以前から保険的な収入源として複数の仕事に関っていました。
備えあれば憂いなし。。。これも実行しないと。

。備え無しなんですね。
貧乏と裕福が極端に分かれます。

今は国民全中流意識の時代は終わり、貧乏層と裕福層に分かれています。

近く副業禁止規定は原則、無効にする法律が決まっています。

つまり会社勤めでも副業のリスクはなくなります。

アメリカのように副業する人と、しない人の収入格差は極端に分かれます。

と言うことは一般の会社も、給料が副業前提になるので、これもアメリカのように

契約社員のような給料体系になりつつあります。もちろんいきなり解雇は日常茶飯事となります。

会社員の場合は、現在の状況に関係なく、将来的な複数の収入源の確保が必要となります。

収入が何かの理由で、減ってしまえば、生活は維持できますか?

備えあれば憂いなしと言う言葉を考えますね。
スポンサーサイト

2007.11.27 Tue l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。